×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



絵画:ジョン・エヴァレット・ミレイ 「ジェイムズ・ワイアット・ジュニア夫人と娘のサラ」 1850年
John Everett Millais, Mrs James Wyatt Jr and her Daughter Sarah, 1850.

音楽:ヨハネス・ブラームス ワルツ op.39-15
Johannes Brahms, Walzer op39-15.




dividerdividerdivider
 「ジェイムズ・ワイアット・ジュニア夫人と娘のサラ」は画商のジェイムズ・ワイアット(1774-1853)の息子の妻と孫娘サラの肖像で、「ジェイムズ・ワイアットと孫のメアリー・ワイアット」の対作品としてワイアットに依頼された作品です。
 サラは1949年1月生まれ、この時は1歳くらいだと思われます。
 母娘のバックにかかっている版画は左からラファエロの「小椅子の聖母」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、ラファエロの「アルバ家の聖母」です。

「ジェイムズ・ワイアットと孫のメアリー・ワイアット」 1849年
James Wyatt and His Granddaughter Mary, 1849.

dividerdividerdivider




dividerdivider
bottom left corner


bottom right corner