×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絵画:ジョン・エヴァレット・ミレイ 「花嫁の付き添い」 1851年
John Everett Millais, The Bridesmaid, 1851.

音楽:トンマーゾ・ジョルダーニ 「カロ・ミオ・ベン」
Tommaso Giordani, Caro mio ben.




dividerdividerdivider
 この絵画は花嫁の付き添いがウェディングケーキのかけらを結婚指輪に9回通すと、未来の恋人の幻が現れるという迷信を絵画化したものです。女性の胸に留められている白い花はオレンジの花で純潔の象徴です。またオレンジはテーブルの皿にもあり、ラファエル前派の絵画に多く見られる豊な髪にもオレンジと同じ色が使われています。
 モデルはマクドエルという女性。1851年の1月15日に完成しました。


dividerdividerdivider


dividerdivider

bottom left corner


bottom right corner