×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



絵画:ジョン・エヴァレット・ミレイ 「二度目のの説教」 1864年
John Everett Millais, My Second Sermon, 1864.

音楽:J・S・バッハ 「G線上のアリア」(管弦楽組曲第三番 BWV. 1068より アリア)
J.S.Bach, Air on G string from Suite for Orchestra No.3 BWV1068.




dividerdividerdivider
 『はじめての説教』(1863)と対になった作品で、『はじめて〜』の翌年に発表されました。
 モデルは『はじめて〜』と同じくミレイの長女エフィー、服装も場所も共通しながら、角度を変えて描かれています。
 まだ幼い少女に、教会のお説教は難しすぎたのでしょうか。二度目のお説教は緊張も取れて、居眠りしてしまいました。

「初めての説教」 1863年
My First Sermon, 1863.




dividerdividerdivider


dividerdivider

bottom left corner


bottom right corner