×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




眠れる大地の春の目覚め
Spring Awakening the Sleeping Earth, 1933.


音楽:マーラー 交響曲第5番 第4楽章 アダージェット
Gustav Mahler, Symphony No.5, 4th Mvt, Adagietto.




 73歳のミュシャが描きあげた最晩年、1936年のの作品です。1919年のリトグラフを元に描きました。

 この6年後の1939年3月、チェコスロバキア共和国に、ナチス・ドイツが侵攻し、ミュシャの愛する祖国は解体されてしまいます。
 そしてミュシャ自身もドイツ軍に逮捕され、厳しい尋問にあいました。
 「ミュシャの絵画は、国民の愛国心を刺激するものである」という理由からでした。
 その後ミュシャは釈放されましたが、この苦しく悲しい体験から、78歳のミュシャは体調を崩してしまい、7月14日、79歳の誕生日(7月24日)を目前に、プラハで亡くなりました。祖国が解放される、春の目覚めを知らないまま。