×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



音楽:『タイタニック』より 「ローズ」
Rose from "TITANIC".


絵画:リュシアン・レヴィ=デュルメール 「オフィーリア」
Lucien Lévy-Dhurmere, Ophelia, 1900.


Shizuka Arakawa
2002-2003 Long Program



 トリノ・オリンピック金メダリストとなった荒川静香選手の演技に、最初に感嘆したのが、この2002-2003シーズンのフリー、『タイタニック』です。
 海を思わせる濃い水色の衣装で、2003年の世界選手権では、3−3−2の三連続ジャンプを始めとしてジャンプは高く綺麗で、手の動きは細やかで神経の行き届いた美しい演技でした。女性らしく、たおやかで、それでいて熱いものを秘めた、そんな演技でした。
 荒川さんてこんなに素敵なスケーターだったのかと、目から鱗が落ちて、一気に荒川さんのファンになりました。
 世界選手権では8位。あまりに素敵だったから、少し不満でした。
 このプログラムは、私も含めたレオナルド・ディカプリオのファンの方にも好評だったとつけ加えておきます。
 この時、これからが楽しみと大いに期待しましたが、その開花は早く、翌年2004年の世界選手権で、みごとに優勝されました。

 荒川さんが「タイタニック」で使用されたのは、「ローズ(Rose)」のほかに、「遠き日の記憶(Distant Memories)」「トラブル発生(Hard to Starboard)」でした。

Distant Memories from "TITANIC"

Hard To Starboard from "TITANIC"

(上記をクリックすると「遠き日の記憶」「トラブル発生」の2曲が流れます)




ジェームズ・ティソ 「船上舞踏会」
James Tissot, The Ball on Shipboard, 1874.