×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



音楽:ストラヴィンスキー 『火の鳥』より フィナーレ
Igor Stravinsky, Finale from L'oiseau de feu (The Firebird Suite).

絵画:レオン・バクスト バレエ『火の鳥』のデザイン画
Léon Bakst. Firebird.

Miki ANDO
2003-2004, 2004-2005, Long Program



 ストラヴィンスキーのバレエ音楽「火の鳥」は、安藤美姫選手の2003-2005年のフリーです。2006年現在、これは安藤美姫ちゃんの代表作といえるでしょう。強い印象を残す作品でした。

 この「火の鳥」で、2004年の初出場の世界選手権で、美姫ちゃんは4位となりました。2005-2006シーズンは不調でしたが、2004年のこの「火の鳥」の映像を見直してみて、やはり才能と華のある選手だと改めて思いました。演技もダイナミックで素晴らしいです。

 バレエ『火の鳥』は、ロシア人のセルゲイ・ディアギレフが組織するロシア・バレエ団(バレエ・リュス)が、1910年の2回目のパリ公演の際に、中心となった作品です。
 内容は、ロシアの妖精j物語を集めたもので、王子イワンは黄金色に輝く火の鳥を捕えますが、火の鳥に懇願され、逃がしてあげます。そしてそのお礼にもらった、魔法の金の羽のおかげで、魔法使いに囚われたお姫さまを助けるのです。

 美姫ちゃんは、2005年の世界選手権でも、この「火の鳥」をFSに使い、この時は6位でした。



イワン・ビリービン 「火の鳥」(ロシア民話集より)
Ivan Iakovlevich Bilibin. The Firebird (Russian Fairy Tales).