×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



音楽:『オズの魔法使い』より 「虹の彼方に」
Somewhere Over The Rainbow (Wizard of Oz)

絵画:ジョン・ローソン 「ちっちゃなボー・ピープ」
John Lawson, Little Bo-Peep, 1888.


Mao ASADA
2005-2006 Exhibiton



 ミュージカル映画『オズの魔法使い』(1939)の代表曲「虹の彼方に」は、2005-2006シーズン、シニア・デビューを果たした15歳の浅田真央選手のエキシビションの曲でした。
 この曲は『オズの魔法使い』の中で、主人公のドロシーが、遠い幸せの国を夢見て歌う、優しくて綺麗な、ミュージカルの名曲です。
 真央ちゃんの衣装は、綺麗な空色、胸のところに大きなピンクのリボンついていて、ピンクとブルーとホワイトのビーズが散りばめてあり、水色のふんわりしたスカートの裏地がピンクで、すべると舞い上がって、ビーズがきらきらと光って、本当の虹の精のようでした。
 頬杖をついてちょっと考え込んだりする演技もかわいくて、EXであっても、軽々と何度もジャンプを跳んでしまうのに、目を見張りました。
 このシーズン、フリーの「くるみ割り人形」もそうですが、今の自分にあった曲をよく選んでいると感心しました。

 この曲は、伊藤みどりさんもエキシビションで使われています。「レイン・ストーリー」という物語仕立てのEXで、レインコート姿で傘を持って「雨に唄えば」を元気よく踊った後、コートを脱ぐと虹色の衣装でロマンチックにすべってくれました。
 1992年、アルベールビル・オリンピックで銀メダリストとなった時にも、このエキシビションでした。



Caspar David Friedrich, Landscape with Rainbow, 1810.