×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



音楽:「花はどこへ行った」
Where Have All The Flowers Gone?

絵画:ルイ・イカール 「平和な時間」
Louis Icart, Peacefull Time, 1920.

KATARINA WITT
Season 1993/1994 Long program


 「花はどこへ行った」は、アメリカのフォーク・シンガー、ピート・シーガーの代表作で、ベトナム反戦運動の中で広く歌われた歌でした。
 この歌を、1994年リレハンメル・オリンピックで、プロからアマチュアに復帰した、カタリーナ・ヴィットが、ロング・プログラムで使用しました。

 84年のサラエボと88年のカルガリーの、二つのオリンピックの金メダリストであるヴィット。かつて自分が金メダルを取った地、サラエボが戦火にあり、反戦の想いを込めてすべったのです。感動的で、赤のベルベットの衣装に身を包み、祈るように手を組み、訴えるように腕を上に差し出す、素晴らしい作品でした。
 素晴らしい表現力の持ち主ながら、もともとジャンプは得意ではなく、今回は果敢に三回転ジャンプに挑戦したもののうまくいかず、結果は7位でしたが、何も言わなくとも言葉が伝わってくる演技と、圧倒的な存在感に心を奪われました。