×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




音楽:『ミュンヘン』より 「アヴナーのテーマ」
Avner's Theme (Munich)

絵画:フレデリック・レイトン 「エレジー」
Frederic Leighton, Elegy, 1889.

Susanna Poykio
2006-2007 Long Program


 スザンナ・ポイキオは、フィンランドを代表する選手で、ジュニア時代から実力を発揮してきた選手です。
 2001年の世界ジュニア選手権では3位となり、フィンランドに初のメダルをもたらしました。
 2005年のヨーロッパ選手権では2位、こちらもフィンランド女子選手初のメダルでした。
 2006年のトリノ・オリンピックでは13位、同年の世界選手権では9位でした。
 日本ではスザンナより7歳年下で、華やかな美貌のキーラ・コルピに注目が行きがちですが、練習では3-3の連続ジャンプも決めているとのこと、実力ある素晴らしい選手です。

 2006-2007ジーズンはヨーロッパ選手権で4位。
 そして東京で行われた世界選手権で。女子シングルは、上位選手の多くがフリーで失敗し、キス&クライで暗めの表情が続きましたが、スザンナは一度転倒したものの精一杯の演技をし、SP10位からフリーは7位、総合8位入賞を果たしました。キス&クライでは明るい笑顔で、「ありがとう 日本」という、日本語を書いた紙をかかげてくれました。彼女の優しい人柄が伝わってきて、こちらまで暖かい気持ちになりました。
 とても仲のよさそうなコーチは、ヘイディ・ポイキオさんで、スザンナのお姉さんです。